Interview2

キャッチコピー

プロフィール

Scroll

プロフィール

インターンをしようと思ったキッカケは?

イメージ

漠然と大学生活を過ごしているなかで、なにか一生懸命打ち込めるものがあったらいいなぁと思い、考えた結果『長期インターン』というのがひとつの選択肢としてあがってきました。そのなかでもプロシーズを選んだのは、なんとなくITってかっこよさそうだなという憧れと、大学が近くにあったからです。笑
当時のわたしにとって「会社」という組織は未知の世界だったので、単純に好奇心というのも大きかったように思います。

インターンを通して成長できたと思う所はどこ?

良い意味で、楽観的になれたと思います。
自分が根本から変わるのはなかなか難しいけれど・・少し意識して考え方を変えるだけでも、周りの見え方も変わってきて、自分に対しても周りに対しても、いろいろ許せるようになったかなと思います。
あと、「社会人として働く」ということに対しても、自分が思っていたよりずっと楽しそう!というポジティブなイメージに変わりました。

イメージ

最も注力したプロジェクトを教えてください。

思い出深いプロジェクトはいくつかあるのですが・・
介護施設で働く方へ向けたコンテンツ作成が特に印象に残っています。シナリオ作成に始まり、素材作成、コンテンツ作成からチェックまで、一連の流れで携わらせていただきました。限られた納期のなかで、よりお客さまに喜んでもらえるものを・・と毎日必死でした。お客さまとのやりとりまでやらせていただいたのも、とてもいい経験になったなと感じます。
不安やプレッシャーもあったし忙しかったですが、充実していたし毎日楽しかったです。

インターン時の学びは今の職場でも役立ってる?

仕事に対する姿勢や進め方は、プロシーズで学んだことがわたしの中で今でも核になっているかなと思います。

また、求められていることに対して応えるというだけではなく、それにプラスαの価値をどうやって付けられるかを考えるクセがついたと思います。





インターンを200% 楽しむためのポイントは?

イメージ

いろいろ、素直に受け入れてみたらいいかなと思います。
社会に出てみて思いますが、学生の時期にここまで真剣に大人が向き合ってくれる環境ってとても貴重だと思います。
みなさん本当に仲が良いので、お仕事面でも、遊び面でも、積極的にどんどん関わっていくと200%面白くなると思います!