Interview4

基礎的な考え方が身につき、真剣に向き合うことで人選感が変わりました

プロフィール

Scroll

プロフィール

インターンをしようと思ったキッカケは?

イメージ

将来、立派な社長になりたいなーと漠然と思い、とにかく飛び込んでみようと思ったからです。私は、大学時代、やりたいと思ったことはとことんやって遊んでという生活を4年間続けておりました。そして、大学院で文転。就職か~と考えていた時に、自由のなくなる(当時のイメージ)社会人になるなら、やりがいあることをやっていきたい、嫌がりながら通勤している社会人には絶対なりたくないと思っていました。
そんな中、大好きな「カンブリア宮殿」という番組の社長の生き様に憧れていたことから「ああいうカッコイイ社長を目指そう」と思いました。
そして、「思う」だけではしょぼいので、「行動しよう」と決め、社長と身近に接することができる会社に行ってみよう、つまり「プロシーズのインターン」を決めました。

インターンを通して成長できたと思う所はどこ?

「自分の感情に嘘をつかなくなった」「自分の非から逃げなくなった」ですかね。
ネガティブな時、なんかうまくいってない事がある時って、たいてい何かダメなところを見て見ぬふりをしたり、放置したり、自分の非を見なかったり。
だけど、自分では一番わかっているから、ネガティブになってさらにうまくいかなくなる。
この負のループに陥る前に、素直に感情を見つめ直して、自分で改善するっていう癖がついたなと思います。
周りのせいにせずに、自分の意識を高めていると、自然と周りも「豊田」が許さないって感じて、言わなくても周りのレベルが上がったり。
「まずは、自分」っていうのが徹底しました。

イメージ

最も注力したプロジェクトを教えてください。

イメージ

「就活塾リクトレ」です。
「とにかく成果を出したい」という想いでやっていた記憶があります。
というのも、最初入ったときのSKJ(新規開拓事業部の通称)で、何で成果を出そうか分からない時期が長く、そんな中での転機が「リクトレ」でした。今社会人4年目になって思えば、僕自身、くそみたいな受動的な働き方だったなあと思います。
当時、自分も社会勉強のつもりで、就活塾に行ってみたろうと思って行ってみたのもきっかけでしたが、事業として「何もないところから何かやる」っていうのを味わった初めての経験でした。
「分からなかったら調べて全部やる」とか「ここにはマーケットがありそう」とかそういうのを経験したのは大きかったです。

インターン時の学びは今の職場でも役立ってる?

★日々の生活面で
「考え方」 毎朝のようにやっていた基礎的な考え方は今でも無意識に実践しています。
もしくは、できていない時に意識的に変えています。
明朗であれ、即行即止、物の整理は心の整理、鏡の話、桶の水の話、、、、などなど。
周りの同期に比べて歳くいすぎたな~とか、20代のうちに~とか焦って思うことがありますが(笑)これを身につけた経験を思い出すと、「いや、全然OK」と思います。

★目の前のシゴト面で
「誰も分からない事は自分で考えてやる」
リクトレで一回経験している分、今のベンチャー的な働き方に順応手来るようになっていると思います。

イメージ

インターンを200% 楽しむためのポイントは?

確実に将来に影響を与えてくれるスタッフが勢ぞろいしていると思います!
・仕事に真剣に向き合える
・スタッフと真剣に向き合える
・自分と真剣に向き合える
シゴトに対して熱心に取り組みながら、「考え方」を身につけて、立派な大人に成長してみては!?多かれ少なかれ、周りの人を幸せにできるようになるなと思います。
人生観は変わるし、自分自身の人生も楽しくできる経験になることは間違いないので、是非おすすめです。
ただ、社会は甘くないので、仕事は頑張りましょう!
真剣にやるから分かるし、自分とも真剣に向き合えるそんな貴重な時間でした!